業務用インカムマップ

業務用と一般用のインカムの違い

いろいろなスタイルのインカムの使い方があり、業務でインカムを使用するというケースもあり、遊びなどで使いたいという場合もあります。

あなたにとって最適なインカムとはどのようなものをいうのでしょうか。

【業務でインカムを使用するメリット】

今まで届かないから、連絡業務をあきらめていたという場合もあるでしょう。そのようなシーンにおいて、連絡がつくだけで業務効率を俄然アップさせることができます。

特定小電力トランシーバーと業務用無線機では、電波の出力も出方に違いがありますので、可能距離が大きく異って来ます。

みなさんの業務にとって、死角エリアが削減されることによって大きなメリットがもたらされることになります。

そして、トランシーバとも違う点は、よりタフに作られている点です。インカムの耐久性は、約5倍以上も違うと言われています。

特定小電力トランシーバーは、その手軽さゆえ電波が広く共有で使われることもあり、おなじチャンネルで店舗で使用されることもあり、混信してしまうこともあるでしょう。

みなさんが業務用のインカムを選択することによって、混信による情報の混乱が少なくなるメリットがあります。

チャンネルをいちいち変える手間もなく、自分の店舗の情報が漏れるかもというリスクも存在してしまうことになります。業務用インカムを利用することはつまり、情報の死角を軽減させることになります。

しかし、特定小電力トランシーバーと比較をすれば、業務用無線機の方が値段が高いというデメリットも抱えています。しかし、多少値段が高いとしても、業務がスムーズに進行する方法を選択するべきではないでしょうか。

値段は高いとしても、価格差には明確な理由があります。通信距離や耐久性、買い替えの頻度のことを考えると、全然高いとはいうことができないのではないでしょうか。

トランシーバーの使用年数を考えると長期間では必ず 修理の問題や、買い替えという問題も起こり、そのようなことを考えても、業務用インカムは割安ともいうことができます。

【様々なシーンで登場するインカム】

一般的使用の方法ではなく、業務としてインカムを使用することで、より有意義な活用の仕方が出来るようになるのではないでしょうか。

舞台や、照明、音響など、それぞれが離れた場所で、トランシーバーなど使用しているシーンもよく見かけます。 映画や、ドラマでもインカムを使用するシーンを私達は頻繁に見かけるようになりました。

離れた場所にいるスタッフを業務用無線で管理、統括し、業務効率化を図ることは、想像するだけでも、もっといろいろなケースを考えることができます。

大規模な建設現場、ホテル、旅館といった宿泊施設、工場・配送センター、自治会・学校のイベントなどなどあり、インカムの需要は、業務という視野のもとどんどん広がりを見せていくことになります。

駅前やお店の前で客をキャッチする居酒屋など、さらに業務用インカムに対しての注目度は高くなってきました。